生活支援型文化施設コンカリーニョ

Information

STAGE / EVENT

  • 2021/11/5(金)-11/7(日) 演劇 
    劇団風蝕異人街シェイクスピア劇「マクベス」

    ※ご来場前にご確認をお願いします:ご来場のお客様へ コンカリーニョ「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」も併せてご確認下さい。 TGR2021 参加作品 ーいいはひどい、ひどいはいい。飛んで行こう、よどんだ空気と霧の中ー スコットランドの武将マクベスは、荒野で出会った三人の魔女の予言と夫以上に野心的な妻にそそのかされ、心の底に眠っていた野心を呼びさます。王ダンカンを自分の城で暗殺し、王位を奪う。王位を失うことへの不安から次々と血に染まった手で罪を重ねていく。悪に冒された精神が崩壊する様を描く。 【作】 ウィリアム・シェイクスピア 【演出】こしばきこう 【出演】川口巧海三木美智代今井力也(SOUL WAVE)高城麻衣子柴田詠子斉藤秀規千葉洋平むらかみ智大宮ノ森しゅん櫛引ちかノザワリンカ久保龍二中根ハヤト佐藤祐軌 【日時】11月5日(金) 19:0011月6日(土) 14:00/19:0011月7日(日) 14:00     各開演(開場は開演の30分前)   【料金】一般 前売 3,000円・当日 3,500円U25 2,000円 【会場】生活支援型文化施設コンカリーニョ札幌市西区八軒1条西1丁目2-10 ザ・タワープレイス1階TEL:011-615-4859 【チケット取扱】・ローソンチケット L-18261・カルテットオンライン(ご予約) https://www.quartet-online.net/ticket/fushokumacbeth 【ご予約・お問い合わせ】TEL  090-8272-4299 MAIL  ijingai@hotmail.comHP   https://fushokuijingai.wixsite.com/fushoku 【主催】劇団風蝕異人街【協力】さっぽろアートステージ2021実行委員会、札幌劇場連絡会【助成】サポートほっと基金「長内芸術振興基金」、公益財団法人北海道文化財団舞台公演再開支援事業

  • 2021/11/13(土)-14(日) ダンス 
    「RE/PLAY Dance Edit:札幌」

    ※ご来場前にご確認をお願いします:ご来場のお客様へ コンカリーニョ「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」も併せてご確認下さい。 2011年夏、戻らない時間、戻りたいという願い、進み続ける時間の中で「今、この瞬間」を刻もうと俳優たちと立ち上げたこの作品。2012年京都のダンサーたちとのリクリエーションにより「踊る/踊らない」「人/身体」を行き交い、踊る側と観る側双方にダンスの根源を問いかける作品となりました。以来アジア4カ国6都市をめぐり、各地のさまざまなバックグラウンドのダンサーたちと、その瞬間の身体/ダンスを立ち上げてきました。そして2021年、1年以上続くcovid-19の感染拡大により私たちは再び時間を失い、この作品も再び原点に立ち返ります。こんなはずじゃなかったこと、ああなるはずだった時間、そして一体これからどうなっていくのか、未知のウィルスによる未知の時間の中で、私たちは再び過去に憧れ、未来を嘆くのでしょうか。無理に希望を持とうとも思いません、ただ決して戻らず進み続ける時間の中で、その瞬間の儚さ、美しさ、強さから、生きる根源を見出せるのが舞台芸術なのだと思っています。札幌のダンサーたちと立ち上げる「今、この瞬間」是非お立ち会いいただければ幸いです。 ―多田淳之介 【演出】多田淳之介【ダンスドラマトゥルク】きたまり 【振付・出演】Aokid岩本伊織大平詩織鈴木明倫平尾拓也堀内まゆみ矢藤智子山﨑彩美 【日時】2021年11月13日(土) 18:0011月14日(日) 15:00 各開演※開場は開演の40分前 【料金】一般 2,500円学生 1,000円※日時指定・全席自由 【チケット取扱】■ローソンチケット  Lコード:12399■市民交流プラザチケットセンター■RE/PLAY Dance Editオンライン [予約フォーム]  https://www.quartet-online.net/ticket/replay2021  【会場】生活支援型文化施設コンカリーニョ札幌市西区八軒1条西1丁目2-10 ザ・タワープレイス1階TEL:011-615-4859 【お問い合わせ】NPO法人Offsite Dance Project TEL.090-6346-5820  WEBサイト http://www.wedance.jp/replay/replay2021/ プロデューサー:岡崎松恵舞台監督:浜村修司照明:岩城保音響:小早川保隆デザイン:太田博久(golzopocci)Webデザイン:加藤和也記録写真:yixtape企画製作・主催:NPO法人Offsite Dance Project共同製作:RE/PLAY Dance Edit実行委員会制作協力:CONTE-SAPPORO Dance Center文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業 About オリジナルは、多田淳之介率いる東京デスロックが2011年に発表した『再/生』。反復する身体を通して、再生に向かっていこうとする人間を描き出した演劇作品を、本作では、俳優を振付家・ダンサーに置き換えて、リ・クリエーションします。 ダンスバーションはNPO法人Offsite Dance Project主催の「We dance 京都2012」(プログラムディレクター:きたまり)にて初演。本作では、「繰り返す/繰り返せないこと」を使って「断絶」や「時間」を可視化しようとするコンセプトは踏襲しつつ、新たに「踊る/踊らない」という要素を加えたディレクションのもと、8人のダンサーは互いに干渉せずにそれぞれの振付によるソロダンスを踊り続けます。連続で繰り返されるポピュラーな楽曲、サドンデスで踊り続けるダンサーの疲弊していく身体。この繰り返しの果てしない構造が、ダンスの根拠も意味も、それを問うことの文脈もなぎ倒していく。次第に、ダンサーたち本人の実存(=ダンサーの生/人生)とも重ね合わせ、アイロニカルに生と時間を描く舞台芸術作品です。2012年から7年間にわたり、4カ国6都市(横浜・シンガポール・プノンペン・京都・マニラ・東京)で各地のダンサーと制作を重ねたプロジェクトを、2021年国内ネットワーク事業として再始動。本年9月に札幌にてワークショップ形式のオーディションを行い、北海道拠点の多様なキャリアのダンサー7人を選出。これまで参加のAokid(東京)ときたまり(京都)とともに、札幌ならでは『RE/PLAY Dance Edit』を創り上げていきます。 Archive 上演記録初演:2012年2月4日/京都 元・立誠小学校http://www.wedance.jp/2012_kyoto/横浜公演:2014年2月14日-16日/横浜 急な坂スタジオhttp://www.wedance.jp/replay/replay2014/シンガポール公演:2016年2月17日-20日/シンガポール 72-13http://www.wedance.jp/replay/replay2015カンボジア公演:2017年3月24日-25日/プノンペン Department of Performing Artshttp://www.wedance.jp/replay/replay2016京都公演:2017年11月25日-26日/京都 京都芸術センターhttp://www.kac.or.jp/events/22001/フィリピン公演:2018年1月13日-14日/マニラ Power Mac Center Spotlighthttp://www.wedance.jp/replay/replay2017東京公演:2019年2月9日-11日/東京 吉祥寺シアターhttp://www.wedance.jp/replay/replay2019  『RE/PLAY Dance Edit』リーフレット(2012-2018)Web版→PDFデータ 

  • 2021/11/19(金)-11/21(日) 演劇 
    OrgofA「ひびそい」

    ※ご来場前にご確認をお願いします:ご来場のお客様へ コンカリーニョ「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」も併せてご確認下さい。     TGR2021 参加作品 兄がはなしてくれた恋愛は、わたしとかわりませんでした、さほど。 どこにでもいる三人きょうだい。それぞれ事情をかかえた三人きょうだい。ふつうの彼らにおとずれた、“変わった”できごと。それは長男の結婚ばなし。祝われるべきことですが、 しかし、彼が愛したのは男性でした。ふくざつな思いがゆれて、考えが浮き彫りになっていく。 悩み、罵り、励まし、退き、寄り添い、慮り、諦める。 すべてをさらけ出した後、三人がえらんだこたえは――。OrgofA初のオリジナル作が、いまの「あたりまえ」を問いかける。 【作・演出】町田誠也(劇団words of hearts) 【出演】おぐりまさこ(空宙空地)明逸人(ELEVEN NINES)佐藤剛(intro)堀内浩水恒本礼透飛世早哉香   【日時】2021年11月19日(金) 15:00/20:0011月20日(土) 14:00/19:00☆11月21日(日)  12:00/17:00☆  各開演☆アフタートークを予定(ゲスト後日公開)開場は開演の30分前⚠️札幌の状況を鑑みて時間変更になる可能性があります           【料金】前売 一般3,000円   学生2,000円   パートナー割引(2枚セット券)5,500円※当日券は500円プラス※未就学児入場不可 【会場】生活支援型文化施設コンカリーニョ札幌市西区八軒1条西1丁目2-10 ザ・タワープレイス1階TEL:011-615-4859 【チケット取扱】・ローソンチケット L-18262・PassMarket 【お問い合わせ】TEL 090-2077-8687MAIL orgofa.2018@gmail.com 【スタッフ】作・演出:町田誠也(劇団words of hearts)舞台監督:忠海勇(劇団 亜魂) 制作:小川しおり(劇団fireworks)舞台美術:高村由紀子 照明:秋野良太(祇王舎) 音響:橋本一生 衣装:大川ちょみ 宣伝:鎌塚慎平(劇団・木製ボイジャー14号)/飛世早哉香 広告デザイン:LITTLEKIT企画・制作:OrgofA ​協力:さっぽろアートステージ2021実行委員会、札幌劇場連絡会

NEWS / TOPICS

    
  • 《固定》2021/2/19更新 
    新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン

    2020年4月から休館していた劇場を再開するにあたり、行政や関係各所から出ている新型コロナウイルス 感染拡大予防ガイドラインをもとに、コンカリーニョとしてのガイドラインを策定しました。 感染リスクを少しでも下げる為、全ての公演関係者は本ガイドラインを遵守してください。ご来場のお客様におかれましてもガイドラインの遵守にご理解、ご協力頂きますようお願い申し上げます。そして少しでも体調に不安のある場合はご来場をお控えください。(こちらもご確認ください→ご来場のお客様へ )本ガイドラインをお守り頂けない場合は、劇場利用/入場をお断りする場合があります。 当面は演劇、ダンス、お笑いライブ、音楽コンサートのみの貸出とし、 従来レンタル可能としていたプロレス、格闘技等激しい身体接触を伴う催事、あるいはパーティー等の飲食を伴う催事へのレンタルは、一時休止とさせて頂きます。当該催事への貸出再開時期は、多方面の状況を考慮し慎重に判断させて頂きます。また、出演者及び入場者数の上限を設定させて頂く場合があります。今後の感染状況によって本ガイドラインの内容は随時検討、変更をさせて頂きます。ご不便、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願い致します。生活支援型文化施設コンカリーニョ「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」(2021年2月19日改定)

  • 2021/10/23(土)・24(日) @ゆにガーデン 
    【@ゆにガーデン】テントでエンタメ!〜いろんなおはなし!いろんなミュージック!〜

      らんびょうし本舗の村場踊氏をプロデューサーに迎え、ゆにガーデンの特設テントを舞台に繰り広げられる演劇に大道芸に音楽会!ここでしか見ることの出来ない、不思議で愉快な物語のはじまりです。 【日時】 2021年 10月23日(土)・24日(日) 13:00~14:15 【会場】ゆにガーデン    夕張郡由仁町伏見134-2 【料金】 850円(中学生以上)・中学生未満無料 【出演】劇楽団未来おばけ演劇及び文化創造集団C.A.W花ピエロ・ミュージック   他 【お問い合わせ】TEL. 0123-82-2001MAIL tentoengeki@yahoo.co.jp【プロデューサー】村場踊(らんびょうし本舗) 【主催】NPO法人コンカリーニョ 文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業

  • 札幌市内で無料配布! 地域交流 演劇 
    えんげきたいけんキット

    コンカリーニョが満席の劇場からお届けする、  「おうちじかん」のおともになりたい新企画!    自分で作った「こどうぐ」を使って、画面の中の劇場にいる俳優と「えんげきたいけん」ができる工作キットとオリジナル動画がセットになった『えんげきたいけんキット』を札幌市内で無料配布します! 対象年齢:4歳〜・5歳〜・小学生〜 ★はじめに 「えんげき」にはいろんな力が詰まっています。“演じる”ということは表現力だけではなく、相手の気持ちを想像する力、理解する力、自分が置かれている状況を把握し、思考する力を育てます。そして、物語を成立させる為に必要な“小道具を作る”ということは、単純な工作力だけでなく、発想力や集中力を養うことにも繋がります。この「えんげきたいけんキット」は自分で作った小道具を使って演じるという「えんげきたいけん」を通して、達成感、満足感を味わい、これからの時代には必要不可欠な『クリエイティブ力』の育成もできちゃうかもしれない、もしかしたらとってもお得?な「楽しく学べる たいけんキット」です。   ★えんげきたいけんキットでできること ●「こどうぐ」がつくれる! 「つくりかたどうが」を見ながら同封の工作キットを組み立てると、劇中で使用する小道具が出来上がります。のり、ハサミ、テープをご用意ください。 ●オリジナル脚本で「えんげきたいけん」ができる! 体験者には、作った「こどうぐ」がキーとなる10分弱の短いお芝居の「主人公」役が用意されています。「おてほんどうが」で全体を確認したら、次は「たいけんどうが」に進んでください。「たいけんどうが」は主人公目線の動画になっています。また、セリフ字幕が付いており、字幕にあわせてセリフをいえば、あたかも劇場にいるかのような「えんげきたいけん」ができます!お話は全4話の連続ショートストーリーです。 《配信スケジュール》2021年1月15日(金):第1話 2021年1月29日(金):第2話2021年2月12日(金):第3話2021年2月26日(金):第4話 ★ラインナップ  『名探偵ごっこ』 対象年齢:5歳〜 ↑パーツシート こどうぐ「探偵虫めがね」をつくって、今日からキミが名探偵!? 【脚本・演出】立川佳吾(トランク機械シアター) 詳しくはこちらをごらんください 『伝説のバンドマンごっこ』 対象年齢:小学生〜 ↑パーツシート こどうぐ「 伝説のギター」をつくれ!そして仲間をさがせ!! 【脚本・演出】井上悠介(きっとろんどん) 詳しくはこちらをごらんください *番外編* 『劇場の魔法使いコンカリー 』  対象年齢:4歳〜   ↑パーツシート いろんなものの声が聞こえる「魔法の聴診器」と、いろんなものの本当の姿がみえる「魔法の額帯鏡」を作って、みたことない世界をみにいこう!“番外編”には「たいけんどうが」はついていません。「たとえばこんなあそびかたどうが」を参考に自由に遊んでみてください。 詳しくはこちらをごらんください ★設置場所★ 札幌市内の各区役所、札幌市内の児童会館、札幌市民交流プラザ、札幌市こども人形劇場こぐま座、札幌市こどもの劇場やまびこ座、大通り情報ステーション、札幌市円山動物園、あけぼのアート&コミュニティセンター、他  数量限定で郵送もいたします。 数に限りがありますので、郵送は「お子さまと遊ぶ目的」の方からのお申し込みだと、とても嬉しいです。(送料無料)ご希望の方は、以下の内容をご記入の上、メールにてお申し込みください。・お名前・郵便番号・住所・お電話番号・希望の種類・部数※発送までお時間をいただく場合があります。2〜3日経ってもメールの返信がない場合は大変お手数ですが、お電話にてお問い合わせください。 mail  mail@concarino.or.jptel  011-615-4859 (NPO法人コンカリーニョ)       札幌市さぽーとほっと基金助成事業おうち時間で子どもの知的好奇心を刺激し、発想力や工作力を養いながら感性を磨く「演劇体験キット」配布事業【企画制作】NPO法人コンカリー ニョ

  • 2020/6/27 
    チラシ棚一時撤去のお知らせ

    コンカリーニョでは新型コロナウイルス感染拡大予防の為、当面の間、劇場内のチラシ棚を撤去します。 関係者の皆さまにおかれましては、コンカリーニョにチラシを郵送、お持ち込み頂いても設置することはできませんので、ご遠慮頂きますようお願い申し上げます。 何卒ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

  • 2020/06/10 
    たくさんのご支援、ありがとうございました!

    2020年5月3日から開始したクラウドファンディング「コンカリーニョを守りたい!劇場救済プロジェクト」は6月16日0:00をもって終了いたしました。 たくさんのご支援、誠にありがとうございます! リターンのひとつである「当団体WEBページに支援者としてお名前掲載」につきまして感謝とともにご支援いただいた皆様のお名前を掲出させていただきます。 コンカリーニョを守りたい!劇場救済プロジェクト ご支援者名ページ